ナダルがジョコビッチを抜いて首位奪還!今季はGS二度制覇

ナダルがついに首位に返り咲く

現地時間4日、男子テニスATP世界ランキングが更新され、R・ナダル(スペイン)がN・ジョコビッチ(セルビア)を抜いて首位を奪還した。

仮に、ナダルが最終戦のNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)が終了した時点で首位のままだった場合、史上最年長の世界ランク1位選手ということになる。

以下、ATPのC・カーモード会長のコメント。

「ラファエル・ナダルはテニス人生を通して頂点に立つ常連になっている。素晴らしい功績だし、長期にわたり世界のトップのプレーをすることで驚かせ続けている。彼と彼のチームへ多大な祝福をおくりたい」

今季絶好調のラファエル・ナダルは、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)を制覇した後、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)でも王者となり、貫禄を見せつけた。

ちなみに、1973年以降、ATP世界ランキングで1位に上り詰めた選手と在位期間は以下の通りとなっている。こうやってみると、今もなお活躍する大ベテランのロジャー・フェデラーがいかに凄いかがわかる。

R・フェデラー(スイス) 310週
P・サンプラス(アメリカ) 286週
N・ジョコビッチ 275週
I・レンドル(アメリカ) 270週
J・コナーズ(アメリカ) 268週
R・ナダル 197週
J・マッケンロー(アメリカ)170週
B・ボルグ(スウェーデン) 109週
A・アガシ(アメリカ) 101週
L・ヒューイット(オーストラリア) 80週
S・エドバーグ(スウェーデン) 72週
J・クーリア(アメリカ) 58週
G・クエルテン(ブラジル) 43週
A・マレー(イギリス) 41週
I・ナスターゼ(ルーマニア) 40週
M・ビランデル(スウェーデン) 20週
A・ロディック(アメリカ) 13週
B・ベッカー(ドイツ) 12週
M・サフィン(ロシア) 9週
J・C・フェレーロ(スペイン) 8週
J・ニューコム(オーストラリア) 8週
Y・カフェルニコフ(ロシア) 6週
T・ムスター(オーストリア) 6週
M・リオス(チリ) 6週
C・モヤ(スペイン) 2週
P・ラフター(オーストラリア) 1週

錦織が1年ぶりにトップ10から陥落!最新ATP世界ランキング

1年ぶりにトップ10から陥落の錦織圭

現地時間28日、男子テニスATP世界ランキングが更新された。

右ひじの負傷により今シーズン終了をすでに発表済みの錦織圭は、前回から3つ下げて11位へ後退。

錦織がATP世界ランキングでトップ10から漏れたのは、2018年の10月以来実に1年ぶりのこととなる。

一方で、エルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、ハード、ATP500)で4強入りを果たしたM・ベレッティーニ(イタリア)は前回から2つ上げて9位へ浮上。自身初となるトップ10入りを果たした。

首位は依然としてN・ジョコビッチ(セルビア)で9,545ポイント。2位はR・ナダル(スペイン)で9,225ポイントと僅差で追いかける。

さて、そんな10月28日付の男子ATP世界ランキング トップ10は以下の通り!

△1位[ – ]–N・ジョコビッチ(セルビア)
9,545ポイント(9,545ポイント)

△2位[ – ]–R・ナダル(スペイン)
9,225ポイント(9,225ポイント)

△3位[ – ]–R・フェデラー(スイス)
6,950ポイント(6,950ポイント)

△4位[ – ]–D・メドヴェデフ(ロシア)
5,920ポイント(5,920ポイント)

△5位[ – ]–D・ティーム(オーストリア)
5,495ポイント(5,085ポイント)

△6位[ – ]–A・ズベレフ(ドイツ)
4,335ポイント(4,425ポイント)

△7位[ – ]–S・チチパス(ギリシャ)
3,830ポイント(3,740ポイント)

△8位[ ↑1 ]–K・ハチャノフ(ロシア)
2,830ポイント(2,785ポイント)

△9位[ ↑2 ]–M・ベレッティーニ
2,705ポイント(2,545ポイント)

△10位[ – ]–R・バウティスタ=アグ(スペイン)
2,575ポイント(2,575ポイント)

大阪なおみは3位キープ 最新WTA世界ランキング発表

スティーブンスが20位台から陥落

現地時間21日、女子テニスWTA世界ランキングが更新された。

大坂なおみは前回と変わらず3位にランクインした同ランキング。

VTBクレムリン・カップ(ロシア/モスクワ、室内ハード、プレミア)で今シーズン2勝目をマークしたB・ベンチッチ(スイス)が一気に3つ順位を上げて、自己最高位の7位まで浮上した。

一方で、2017年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)チャンピオンであるS・スティーブンス(アメリカ)は、約2年2カ月ぶりにトップ20から漏れて23位まで後退。

その他の注目どころは、18歳のA・アニシモワ(アメリカ)が6つ順位をアップさせ21まで浮上した。

首位は相変わらずですA・バーティ(オーストラリア)で、6,476ポイントを保有している。

そんな21日付の女子WTA世界ランキング トップ10は以下の通り!

△1位[ – ]–A・バーティ(オーストラリア)
6,476ポイント(7,096ポイント)

△2位[ – ]–Ka・プリスコバ(チェコ)
5,315ポイント(5,940ポイント)

△3位[ – ]–大坂なおみ
5,246ポイント(5,621ポイント)

△4位[ ↑1 ]–B・アンドリースク
5,041ポイント(5,495ポイント)

△5位[ ↑1 ]–S・ハレプ(ルーマニア)
4,962ポイント(4,962ポイント)

△6位[ ↑1 ]–P・クヴィトバ(チェコ)
4,401ポイント(4,776ポイント)

△7位[ ↑3 ]–B・ベンチッチ
4,120ポイント(3,848ポイント)

△8位[ ↓4 ]–E・スイトリナ(ウクライナ)
3,995ポイント(5,495ポイント)

△9位[ – ]–S・ウィリアムズ(アメリカ)
3,935ポイント(3,935ポイント)

△10位[ ↓2 ]–K・ベルテンス(オランダ)
3,870ポイント(4,495ポイント)

錦織は最新世界ランキングで9位に後退 ファイナルズ出場は厳しく…

錦織

ファイナルが遠のいた錦織

現地時間14日、男子テニスATP世界ランキングが更新された。

今月はエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、ハード、ATP500)に参戦予定の錦織圭。

前回からまた一つ順位を下げて9位へ後退した。

「RACE TO LONDON」(最終戦出場ランキング)でも、前回の11位から一つ後退し12位へ。今年はNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)への出場が難しい状況となった。

さて、男子テニスATP世界ランキング首位は相変わらずですノバク・ジョコビッチで、9,545ポイント。
約300ポイント差でラファエル・ナダルが追いかけるという状況だ。

3位もロジャー・フェデラーが6,950ポイントと変動なし。

そんな14日付の男子ATP世界ランキング トップ10は以下の通り!

△1位[ – ]…N・ジョコビッチ(セルビア)
9,545ポイント(10,365ポイント)

△2位[ – ]…R・ナダル(スペイン)
9,225ポイント(9,225ポイント)

△3位[ – ]…R・フェデラー(スイス)
6,950ポイント(7,130ポイント)

△4位[ – ]…D・メドヴェデフ(ロシア)
5,920ポイント(4,965ポイント)

△5位[ – ]…D・ティーム(オーストリア)
5,085ポイント(4,915ポイント)

△6位[ – ]…A・ズベレフ(ドイツ)
4,425ポイント(4,185ポイント)

△7位[ – ]…S・チチパス(ギリシャ)
3,900ポイント(3,185ポイント)

△8位[ ↑1 ]…K・ハチャノフ(ロシア)
2,990ポイント(2,945ポイント)

△9位[ ↓1 ]…錦織圭
2,860ポイント(3,040ポイント)

△10位[ – ]…R・バウティスタ=アグ(スペイン)
2,575ポイント(2,575ポイント)

スペイン代表が豪華メンバー招集!16歳ファティの招集は…?

16歳ファティの招集は…?

現地時間4日、スペインサッカー協会はEURO2020欧州予選、ノルウェー戦(12日)とスウェーデン戦(15日)に挑むスペイン代表メンバーを公表した。

キャプテンのセルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)をはじめ、セルジ・ブスケツ(バルセロナ)
、チアゴ・アルカンタラ(バイエルン)、サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリー)、パブロ・サラビア(パリ・サンジェルマン)等が順当に選出。

その他、ジェラール・モレノや、セルヒオ・レギロン、パウ・トーレスの3名が初選出となっている。

今回注目されたのは、バルセロナでブレイク中のの16歳アンス・ファティの招集だったが、今回はメンバー入りしなかった。

そんなスペイン代表は、10日にドイツ戦、15日にモンテネグロ戦を戦う。

EURO予選2連戦に向けたスペインフル代表メンバーは以下のとおり!

■GK
ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)
ケパ・アリサバラガ(チェルシー)
パウ・ロペス(ローマ)

■DF
ダニエル・カルバハル(レアル・マドリー)
セルヒオ・レギロン(セビージャ)
パウ・トーレス(ビジャレアル)
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)
ファン・ベルナト(パリ・サンジェルマン)
ラウール・アルビオル(ビジャレアル)
イニゴ・マルティネス(ビジャレアル)
ヘスス・ナバス(セビージャ)
ディエゴ・ジョレンテ(レアル・ソシエダ)

■MF
サンティ・カソルラ(ビジャレアル)
セルジ・ブスケツ(バルセロナ)
ファビアン・ルイス(ナポリ)
チアゴ・アルカンタラ(バイエルン)
ダニ・セバージョス(アーセナル)
サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリー)
ロドリ(マンチェスター・シティ)
ルイス・アルベルト(ラツィオ)

■FW
ミケル・オヤルサバル(レアル・ソシエダ)
ジェラール・モレノ(ビジャレアル)
パブロ・サラビア(パリ・サンジェルマン)
ロドリゴ・モレノ(バレンシア)

錦織は前回に続いて8位【最新ATP世界ランキング】

錦織圭

錦織は8位をキープ

錦織

現地時間30日、最新のATP世界ランキングが発表された。

右ひじの負傷により、現在開催中の楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス 2019(日本/東京、ハード、ATP500)を欠場している錦織圭は、前回と変わらず8位となった。

尚、錦織は楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス以外のアジアシーズンも欠場する予定となっている。

最近は眼を見張るような戦績を残すことができていない錦織だが、過去1年間の戦績が反映されるATPランキングにおいては辛うじて8番手につけているという状況。

ランキング首位は相変わらずですノバク・ジョコビッチで9,865ポイント。ラファエル・ナダルが9,225ポイントで追いかける。

そんな9月30日付の男子ATP世界ランキング トップ10は以下の通り!

△1位[ – ]-N・ジョコビッチ(セルビア)
9,865ポイント(9,865ポイント)

△2位[ – ]-R・ナダル(スペイン)
9,225ポイント(9,225ポイント)

△3位[ – ]-R・フェデラー(スイス)
7,130ポイント(7,130ポイント)

△4位[ – ]-D・メドヴェデフ(ロシア)
5,305ポイント(5,305ポイント)

△5位[ – ]-D・ティーム(オーストリア)
4,415ポイント(4,415ポイント)

△6位[ – ]-A・ズベレフ(ドイツ)
4,095ポイント(4,095ポイント)

△7位[ – ]-S・チチパス(ギリシャ)
3,420ポイント(3,420ポイント)

△8位[ – ]-錦織圭
3,330ポイント(3,330ポイント)

△9位[ – ]-K・ハチャノフ(ロシア)
2,810ポイント(2,810ポイント)

△10位[ – ]-R・バウティスタ=アグ(スペイン)
2,575ポイント(2,530ポイント)

セレステに重鎮3人が復帰!いざ南米準優勝ペルーのとの二連戦へ

スアレス、カバーニ、ゴディンが復帰

現地時間21日、ウルグアイサッカー協会は来月のインターナショナルマッチウィークに向けたウルグアイ代表メンバーを公表した。

前回のインターナショナルマッチウィークでは招集外だった、ルイス・スアレス(バルセロナ)、エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)、ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリード)の「重鎮トリオ」が揃って代表復帰を果たした。

また、マティアス・スアレス、ガストン・ペレイロ、ニコラス・ロデイロの3名もセレステに復帰している。

その他、ダルウィン・ヌニェスとブライアン・ロドリゲスの注目の若手2選手も前回に引き続き招集された。

そんなウルグアイ代表は、10月11日と15日にモンテビデオとリマで南米準優勝のペルーと相見える!

指揮官オスカル・タバレスが発表したウルグアイ代表メンバー一覧は以下の通り!

■GK
フェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ/トルコ
マルティン・カンパーニャ(インデペンディエンテ/アルゼンチン)


■DF
ディエゴ・ゴディン(インテル・ミラノ/イタリア)
ホセ・マリア・ヒメネス(アトレティコ・マドリー)
セバスチャン・コアテス(スポルティングCP/ポルトガル)
マルティン・カセレス(フィオレンティーナ/イタリア)
ガストン・シルバ(インデペンディエンテ/アルゼンチン)
マティアス・スアレス(モンペリエ/フランス)


■MF
ディエゴ・ラクサール(ACミラン/イタリア)
ルーカス・トレイラ(アーセナル/イングランド)
マティアス・ベシーノ(インテル/イタリア)
フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリー)
ロドリゴ・ベンタンクール(ユヴェントス/イタリア)
ナイタン・ナンデス(カリアリ/イタリア)
ブライアン・ロサーノ(サントス・ラグナ/メキシコ)
ジョルジアン・デ・アラスカエタ(フラメンゴ/ブラジル)
マルセロ・サラッキ(ライプツィヒ/ドイツ)
ニコラス・ロデイロ(シアトル・サウンダーズ/アメリカ)
ガストン・ペレイロ(PSVアイントホーフェン/オランダ)


■FW
ブライアン・ロドリゲス(ロサンゼルスFC/アメリカ)
ホナタン・ロドリゲス(クルス・アスル/メキシコ)
エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/フランス)
マキシ・ゴメス(バレンシア)
ダルウィン・ヌニェス(アルメリア)
クリスティアン・ストゥアーニ(ジローナ)
ルイス・スアレス(FCバルセロナ)

全米OP3回戦敗退の錦織は8位をキープ【最新ATPランキング】

錦織は8位をキープ

錦織圭

現地時間16日、男子テニスATP世界ランキングが更新された。

期待値が高かった全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で、失意の3回戦敗退に終わった錦織圭は、前回と変わらず8位をキープ。

錦織は、このあとしばしの休暇を挟み、30日から東京で開幕する楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオン シップス 2019(日本/東京、ハード、ATP500)に出場予定となっている。

なお、その他トップ10には変動はなく、依然としてノバク・ジョコビッチが9,865ポイントで首位に立っている。

しかしながら、2位のラファエル・ナダルとのポイントさはわずかに600差に縮まっており、今後の結果次第では久しぶりにノバク・ジョコビッチが首位から陥落する可能性も・・・?

さて、そんな16日付の男子ATP世界ランキング トップ10は以下の通り!

△1位[ – ]…N・ジョコビッチ(セルビア)
9,865ポイント(9,865ポイント)

△2位[ – ]…R・ナダル(スペイン)
9,225ポイント(9,225ポイント)

△3位[ – ]…R・フェデラー(スイス)
7,130ポイント(7,130ポイント)

△4位[ – ]…D・メドヴェデフ(ロシア)
5,235ポイント(5,235ポイント)

△5位[ – ]…D・ティーム(オーストリア)
4,575ポイント(4,575ポイント)

△6位[ – ]…A・ズベレフ(ドイツ)
4,095ポイント(4,095ポイント)

△7位[ – ]…S・チチパス(ギリシャ)
3,420ポイント(3,420ポイント)

△8位[ – ]…錦織圭
3,375ポイント(3,375ポイント)

△9位[ – ]…K・ハチャノフ(ロシア)
2,810ポイント(2,810ポイント)

△10位[ – ]…R・バウティスタ=アグ(スペイン)
2,575ポイント(2,575ポイント)

FIFProベスト11のノミネート者発表!バルサから最多選出

バルセロナから最多11名選出

現地時間5日、FIFA(国際サッカー連盟)とFIFPro(国際プロフットボール選手協会)が共同で主催する『FIFPro Men’s World11 2019』のノミネート者が公表された。

55名の候補者のうち、バルセロナから最多の11名が名を連ねており、レオ・メッシ、ルイス・スアレス、ジョルディ・アルバをはじめ、新加入選手のフレンキー・デ・ヨング、アントワーヌ・グリーズマンもノミネート入り。

そのほか、チャンピオンズリーグ覇者リヴァプールからは、モハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノ、アリソン等が選出されている。

9月23日(月)にスカラ座(ミラノ)で行われる『The Best FIFA Football Awards』で最終的なベストイレブンが発表される予定だが、果たして映えある栄光を手にするのはどの選手たちか…?

そんな『FIFPro Men’s World11 2019』のノミネート者一覧は以下の通り!

■GK
マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(ドイツ/FCバルセロナ)
アリソン(ブラジル/リヴァプール)
ダビド・デ・ヘア(スペイン/マンチェスター・ユナイテッド)
エデルソン(ブラジル/マンチェスター・シティ)
ヤン・オブラク(スロベニア/アトレティコ・マドリー)

■DF
ジョルディ・アルバ(スペイン/FCバルセロナ)
ジェラール・ピケ(スペイン/FCバルセロナ)
セルヒオ・ラモス(スペイン/レアル・マドリー)
ダニエル・カルバハル(スペイン/レアル・マドリー)
ラファエル・ヴァラン(フランス/レアル・マドリー)
マルセロ(ブラジル/レアル・マドリー)
トレント・アレクサンダー=アーノルド(イングランド/リヴァプール)
アンドリュー・ロバートソン(スコットランド/リヴァプール)
フィルジル・ファン・ダイク(オランダ/リヴァプール)
エメリック・ラポルト(フランス/マンチェスター・シティ)
カイル・ウォーカー(イングランド/マンチェスター・シティ)
ジョアン・カンセロ(ポルトガル/マンチェスター・シティ)
ジョルジョ・キエッリーニ(イタリア/ユヴェントス)
マタイス・デ・リフト(オランダ/ユヴェントス)
アレックス・サンドロ(ブラジル/ユヴェントス)
ディエゴ・ゴディン(ウルグアイ/インテル)
ヨシュア・キミッヒ(ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)
カリドゥ・クリバリ(セネガル/ナポリ)
チアゴ・シウバ(ブラジル/パリ・サンジェルマン)
ダニエウ・アウベス(ブラジル/サンパウロ)

■MF
セルヒオ・ブスケツ(スペイン/FCバルセロナ)
フレンキー・デヨング(オランダ/FCバルセロナ)
イヴァン・ラキティッチ(クロアチア/FCバルセロナ)
アルトゥーロ・ビダル(チリ/FCバルセロナ)
アルトゥール(ブラジル/FCバルセロナ)
ルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリー)
カゼミーロ(ブラジル/レアル・マドリー)
トニ・クロース(ドイツ/レアル・マドリー)
エデン・アザール(ベルギー/レアル・マドリー)
ベルナルド・シルバ(ポルトガル/マンチェスター・シティ)
ケヴィン・デ・ブルイネ(ベルギー/マンチェスター・シティ)
クリスティアン・エリクセン(デンマーク/トッテナム)
エンゴロ・カンテ(フランス/チェルシー)
ポール・ポグバ(フランス/マンチェスター・ユナイテッド)
ドゥサン・タディッチ(セルビア/アヤックス)

■FW
レオ・メッシ(アルゼンチン/FCバルセロナ)
ルイス・スアレス(ウルグアイ/FCバルセロナ)
アントワーヌ・グリーズマン(フランス/バルセロナ)
カリム・ベンゼマ(フランス/レアル・マドリー)
モハメド・サラー(エジプト/リプール)
サディオ・マネ(セネガル/リヴァプール)
ロベルト・フィルミーノ(ブラジル/リヴァプール)
セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン/マンチェスター・シティ)
ラヒーム・スターリング(イングランド/マンチェスター・シティ)
ハリー・ケイン(イングランド/トッテナム)
ソン・フンミン(韓国/トッテナム)
キリアン・エムバペ(フランス/パリ・サンジェルマン)
ネイマール(ブラジル/パリ・サンジェルマン)
ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン・ミュンヘン)
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユヴェントス)

全米OP出場中の錦織は世界ランク7位キープ ホルカシュは6ランク上昇

錦織

今週もトップ10をキープした錦織

現地時間26日、男子テニスATP世界ランキングが更新された。

全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)に参戦中の錦織圭は、前回と変わらず7位をキープ。

ウィンストン・セーラム・オープン(アメリカ/ウィンストン・セーラム、ハード、ATP250)で、今シーズン14人目のツアー初優勝者に輝いたH・ホルカシュ(ポーランド)は前回から6つ上げて、自己最高の35位へジャンプアップした。

22歳と若いホルカシュは、ポーランド国内で将来の活躍を嘱望されている注目プレイヤー。今後の飛躍に注目が集まる。

さて、首位は11,685ポイントのノバク・ジョコビッチ、2位は7,945ポイントのラファエル・ナダル、3位は6,950ポイントのロジャー・フェデラーで変わらなかった。

そんな26日付の男子ATP世界ランキング トップ10は以下の通り!

▽1位[ – ]-N・ジョコビッチ(セルビア)
11,685ポイント(11,685ポイント)

▽2位[ – ]-R・ナダル(スペイン)
7,945ポイント(7,945ポイント)

▽3位[ – ]-R・フェデラー(スイス)
6,950ポイント(6,950ポイント)

▽4位[ – ]-D・ティーム(オーストリア)
4,925ポイント(4,925ポイント)

▽5位[ – ]-D・メドヴェデフ(ロシア)
4,125ポイント(4,195ポイント)

▽6位[ – ]-A・ズベレフ(ドイツ)
4,005ポイント(4,005ポイント)

▽7位[ – ]-錦織圭
4,005ポイント(4,005ポイント)

▽8位[ – ]-S・チチパス(ギリシャ)
3,455ポイント(3,455ポイント)

▽9位[ – ]-K・ハチャノフ(ロシア)
2,890ポイント(2,890ポイント)

▽10位[ – ]-R・バウティスタ=アグ(スペイン)
2,575ポイント(2,575ポイント)