アジアカップGLのベストイレブンを大手メディアが発表!

イラン代表

日本人選手の名前はなし…?

イラン代表アジアカップ2019は、今日からいよいよノックアウトラウンドの決勝トーナメンがスタートする。

日本代表は、2007年大会、2011年大会でも対戦したサウジアラビア代表と決勝トーナメン一回戦を戦う。

そんな中、大手海外メディアの『Fox Sports Asia』が、グループリーグにおける大会ベスト11を発表した。

そのメンバーの顔ぶれを見てみると、韓国代表で3試合無失点に貢献したキム・ミンジェをはじめ、ウズベキスタン代表の守護神イグナティー・ネステロフ、

同じくウズベキスタン代表で日本戦ゴールのエルドール・ショムロドフ、イラン代表のサルダール・アズムン等が名を連ねている。

その他、コンサドーレ札幌に所属するタイ代表のチャナティップ・ソングラシン等も選ばれているが、グループステージ3連勝の日本代表からは一人も選出されなかった。

長友佑都、堂安律、大迫勇也など有力選手はいたはずだが、残念ながら『Fox Sports Asia』の記者の目には留まらなかったようだ…。

決勝トーナメントから、彼らのさらなる活躍を期待したい。まずは、難敵サウジアラビア代表に勝利して、是が非でもベスト8へ駒を進めたいところだ。

尚、『Fox Sports Asia』選定のアジアカップグループステージベストイレブンは以下の通りとなっている。

顔ぶれを見ると、フォーメーションは「3-4-3」となっているようだ。

GK:イグナティー・ネステロフ(ウズベキスタン)
CB:バシャム・アル・ラウイ(カタール)
CB:キム・ミンジェ(韓国)
CB:クエ・ゴック・ハイ(ベトナム)
右ウイングバック:トリスタン・ドゥ(タイ)
左ウイングバック:アリ・アドナン(イラク)
アンカー:ハリル・バニ・アッティアー(ヨルダン)
トップ下:チャナティップ・ソングラシン(タイ)
右ウイング:エルドール・ショムロドフ(ウズベキスタン)
左ウイング:アルモーズ・アリ(カタール)
CF:サルダール・アズムン(イラン)

yama
スポーツ大好きYAMAです。サッカーをはじめ、テニス、格闘技、水泳、体操、卓球、フィギュアスケート、バレーボール等あらゆるスポーツ競技の観戦経験のあるYAMAが、世界中の最新のホットなスポーツニュースを紹介していきます!2020年開催の東京オリンピックや、2022年カタール開催のワールドカップに関する情報なども随時取り上げていきます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です