コパ・アメリカ2019のベストイレブン発表!

ラジルから最多6名選出!

現地時間8日、スポーツに関する様々なデータを提供する『opta』が、コパ・アメリカ2019のベストイレブンを公表した。

アルゼンチンのメディア『インフォバエ』によると、今回『opta』は独自の算出方式を元に、南米選手権の栄えあるベストイレブンを選出。

リストには、母国で優勝を果たしたセレソンから6人。準優勝のペルーから3人がこれに続き、3位アルゼンチンと4位チリから各1人ずつが選出された。

コパ・アメリカ公式のMVPにも選ばれたダニエウ・アウヴェス(パリ・サンジェルマン)をはじめ、ガブリエル・ジェズス(マンチェスター・シティ)、マルキーニョス(パリ・サンジェルマン)等ブラジル勢の他、今大会安定した活躍を見せたチリのチャルレス・アランギス(レバークーゼン)等がメンバー入り。

一方で、アルゼンチンのリオネル・メッシ(バルセロナ)や、ブラジルのロベルト・フィルミーノ(リバプール)、ウルグアイの2トップルイス・スアレス(バルセロナ)、エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)等は選外となった。

そんな『opta』が発表したコパ・アメリカ2019のベストイレブンと、主要な数値は以下のとおり!

GK
アリソン(ブラジル):5試合でクリーンシート、セーブ率88.9パーセント

DF
ダニエウ・アウヴェス(ブラジル):パス成功369回、デュエル勝利46回
マルキーニョス(ブラジル):パス成功367回、パス成功率93.6パーセント(失敗わずか2回)
ミゲル・トラウコ(ペルー):ボール奪取17回、パス成功195回

MF
レアンドロ・パレデス(アルゼンチン):パス成功342回、被ファウル16回
チャルレス・アランギス(チリ):アシスト3、チャンス創出18回、PK獲得2回
ジョシマール・ジョトゥン(ペルー):インターセプト17回、ボール回収53回、パス成功271回
アルトゥール(ブラジル):被ファウル19回、敵陣でのパス成功206回

FW
ガブリエル・ジェズス(ブラジル):2得点、2アシスト、枠内シュート5本
パオロ・ゲレーロ(ペルー):3得点、デュエル勝利51回、エアバトル勝利31回
エヴェルトン(ブラジル):3得点、ドリブル成功19回

yama
スポーツ大好きYAMAです。サッカーをはじめ、テニス、格闘技、水泳、体操、卓球、フィギュアスケート、バレーボール等あらゆるスポーツ競技の観戦経験のあるYAMAが、世界中の最新のホットなスポーツニュースを紹介していきます!2020年開催の東京オリンピックや、2022年カタール開催のワールドカップに関する情報なども随時取り上げていきます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です