メッシはロナウドの倍近くの給与を受け取っている?

リオネル・メッシ

ロナウドの約2倍のサラリーを受け取るメッシ

リオネル・メッシ大手フランスメディア『レキップ』は、ヨーロッパでプレーするサッカー選手の給与ランキングを発表した。

注目なのは、トップ10に入った選手の所属リーグはラ・リーガ・サンタンデール、プレミアリーグ、リーグアン、セリエAのいずれかであり、ブンデスリーガやエールディビジに在籍する選手は0だった。

さて、そんな栄えあるランキングトップに輝いたのは、830万ユーロ(約10億円)のリオネル・メッシとなった。

2位がクリスティアーノ・ロナウドで470万ユーロ(約5億8000万円)となっており、メッシはロナウドの約2倍のサラリーを受け取っているというデータ結果に…。

3位には、アトレティコ・マドリードでプレーするアントワーヌ・グリーズマンが330万ユーロ(約4億1000万円)でランクイン。

続いてパリ・サンジェルマン所属のネイマールが4位、バルセロナのエースであるルイス・スアレスが5位と続いた。

オイルマネーで潤沢な資金力を持つクラブや、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティといったプレミアリーグ勢が席巻するかと思いきや、

以外にも「正当」な結果となった今回のランキング。プレミア勢のクラブは給与にサラリーキャップ制を敷いていることも多いゆえに、さほど高騰しないということだろうか?

さて、そんなフランスメディア『レキップ』によるヨーロッパでプレーするサッカー選手の給与ランキングは以下の通り!

1位-リオネル・メッシ(バルセロナ)―830万ユーロ
2位-クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)―470万ユーロ
3位-アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ)―330万ユーロ
4位-ネイマール(PSG)―306万ユーロ
5位-ルイス・スアレス(バルセロナ)―290万ユーロ
6位-ギャレス・ベイル(レアル・マドリー)―250万ユーロ
7位-フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)―230万ユーロ
8位-アレクシス・サンチェス(マンチェスター・U)―228万ユーロ
9位-キリアン・ムバッペ(PSG)―173万ユーロ
10位-メスト・エジル(アーセナル)―160万ユーロ

yama
スポーツ大好きYAMAです。サッカーをはじめ、テニス、格闘技、水泳、体操、卓球、フィギュアスケート、バレーボール等あらゆるスポーツ競技の観戦経験のあるYAMAが、世界中の最新のホットなスポーツニュースを紹介していきます!2020年開催の東京オリンピックや、2022年カタール開催のワールドカップに関する情報なども随時取り上げていきます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です