世界水泳選手権

2021年に福岡で開催を予定されていた、世界水泳選手権が2020年5月に開催予定と変更となった。


福岡市は、世界で最初に世界水泳選手権が行われた場所であるためかどうかはわからないが、今回は延期となった大会の開催地は変わらなく福岡で開催される。F I N Aによると、J A S F、福岡市、各局、各スポンサーなどと言った一連の関係者を含めた協議の結果であると発表している。

オリンピック延期の影響を受け、世界水泳選手権も同じく日程を崩さぬよう延期予定となっていたところ、この発表がなされた。
フリオ・セザール・マグリオーネF I N A会長は、「前例のない不確実な状況の中、世界のアスリートたちが競い合う日が来ることを楽しみにしている」とコメントしている。

そんな中、延期となった福岡大会を盛り上げようと、各イベントが開催されている。目に止まったのは、「世界水泳2020福岡大会においてテクノロジーを活用したアイデアを募集します」というアイデアである。
確かにコロナ情勢の中、テクノロジーへと時代は変化してきている。スポーツ観戦においても今はテックの時代と言え、ただ単に観戦するのみではなく、娯楽を通して観戦するというのが主流のようである。

世界水泳選手権とは全く切り離した話となるが、以前より日本国内で浸透し始めている「TEC観戦」がある。その代表的なものが、ブックメーカー。スポーツベットと呼ばれている賭け事の一つで、日本でいうtotoのようなものである。
日本でこれらのスポーツベットができるとしたら、参考になるのは賭けサイトである。

賭けるだけでなく、試合も中継で観戦できるものもあり、中には新聞やラジオより試合結果がすぐに把握できるというメリットを活かして楽しんでいる人も少なくない。

競馬などの経験がある人は、すぐに馴染める楽しみ方の一つである。

もちろん水泳も種目に入っていて、そのほかサッカー、野球、バレーボール、そして世界中の競馬に賭け参加が可能となっている。

世界中で延期になっている各スポーツ界の世界大会。G Oサインが出た時にはかなり盛り上がるに違いない。

F I N Aチャンピョンシップサイト内で紹介されているものは、内容が異なることであるが、室内にいることが多くなった今、テックに目を向けるのが賢明な手段と言える。サイト内では、この他にも大会に関連したプロジェクトなどを募集しており、延期されている大会を盛り上げようという心義がうかがえる。

Kite
スポーツとギャンブルをこよなく愛すフリーライター。 NBAを特に愛し、自身も社会人チームでバスケットをプレー中。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です