全豪オープンのドローが決定!錦織は準々決勝でジョコビッチ戦か

錦織

ベスト8の壁を打ち破れるか…

錦織2019年最初のグランドスラム、「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月14~27日/ハードコート)がいよいよ幕を開ける…。

現地時間10日には、その対戦カードが決定。

2年ぶり9度目の全豪オープンを迎える錦織圭は、1回戦で予選勝者と対戦。これまでの最高成績は2012年と15年のベスト8だが、今回はこの成績を上回ることができるだろうか…。

順当に勝ち上がった場合、準々決勝で難敵ノバク・ジョコビッチと対峙することになるが、今回こそベスト8の壁を打ち破ってほしい。

第一シードはグランドスラム3大会連続制覇と大会7度目の優勝を目指すノバク・ジョコビッチ(セルビア)、第二シードは2009年覇者のラファエル・ナダル(スペイン)、

第三シードは大会2連覇中のロジャー・フェデラー(スイス)、第四シードには2018年ATPツアー最終戦を制したアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が入った。

尚、シード選手と日本人選手1回戦の組み合わせ結果は以下の通り!

1ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1]

5ダニエル太郎(日本/エイブル)vs 6予選勝者

8デニス・シャポバロフ(カナダ)[25]

——

9ダビド・ゴファン(ベルギー)[21]

16ダニール・メドべデフ(ロシア)[15]

——

17ファビオ・フォニーニ(イタリア)[12]

24パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)[23]

——

25フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)[32]

32錦織圭(日本/日清食品)[8] vs 6予選勝者

———-

33アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[4]

40ジル・シモン(フランス)[29]

——

41チョン・ヒョン(韓国)[24]

48ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)[16]

——

49ボルナ・チョリッチ(クロアチア)[11]

56マルコ・チェッキナート(イタリア)[17]

——

57ルカ・プイユ(フランス)[28]

64ドミニク・ティーム(オーストリア)[7]

———-

65マリン・チリッチ(クロアチア)[6]

72フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)[26]

——

73ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)[22]

77西岡良仁(日本/ミキハウス)vs 78テニス・サングレン(アメリカ)

80カレン・ハチャノフ(ロシア)[10]

——

81ステファノス・チチパス(ギリシャ)[14]

88ニコラス・バシラシビリ(ジョージア)[19]

——

89ガエル・モンフィス(フランス)[30]

96ロジャー・フェデラー(スイス)[3]

———-

97ケビン・アンダーソン(南アフリカ)[5]

104スティーブ・ジョンソン(アメリカ)[31]

——

105グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)[20]

112ジョン・イズナー(アメリカ)[9]

——

113カイル・エドマンド(イギリス)[13]

120ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)[18]

——

121アレックス・デミノー(オーストラリア)[27]

128ラファエル・ナダル(スペイン)[2]

yama
スポーツ大好きYAMAです。サッカーをはじめ、テニス、格闘技、水泳、体操、卓球、フィギュアスケート、バレーボール等あらゆるスポーツ競技の観戦経験のあるYAMAが、世界中の最新のホットなスポーツニュースを紹介していきます!2020年開催の東京オリンピックや、2022年カタール開催のワールドカップに関する情報なども随時取り上げていきます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です