大阪が5ヶ月ぶりに首位陥落!勢いに乗るバーティ

現地時間24日、最新のWTA世界ランキングが更新された。

年明けに全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)を制して以来、世界ランク首位を維持してきた大坂なおみ。

これまで2位だったA・バーティ(オーストラリア)が、5月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)、前週のネイチャー・バレー・クラシック(イギリス/バーミンガム、芝、WTAプレミア)を立て続けに制覇したことで、両者の順位が入れ替わった。

これにより、大阪は約5カ月ぶりに首位の座を明け渡す恰好となり、一方のA・バーティは1976年のE・グーラゴン=コーリー以来43年ぶり史上2人目のオーストラリア人の世界ランク首位選手になった。

尚、3位には依然Ka・プリスコバ(チェコ)、4位にはK・ベルテンス(オランダ)がランクインしている。

そんな注目の女子WTA世界ランキング トップ10は以下の通り!

▼1位[ ↑1 ]-A・バーティ
6,540ポイント(6,125ポイント)

▼2位[ ↓1 ]-大坂なおみ
6,377ポイント(6,377ポイント)

▼3位[ – ]-Ka・プリスコバ(チェコ)
5,685ポイント(5,685ポイント)

▼4位[ – ]-K・ベルテンス(オランダ)
5,425ポイント(5,425ポイント)

▼5位[ ↑1 ]-A・ケルバー(ドイツ)
4,685ポイント(4,675ポイント)

▼6位[ ↓1 ]-P・クヴィトバ(チェコ)
4,555ポイント(4,925ポイント)

▼7位[ ↑1 ]-S・ハレプ(ルーマニア)
3,963ポイント(3,963ポイント)

▼8位[ ↓1 ]-E・スイトリナ(ウクライナ)
3,868ポイント(3,967ポイント)

▼9位[ – ]-S・スティーブンス(アメリカ)
3,682ポイント(3,682ポイント)

▼10位[ – ]-A・サバレンカ(ベラルーシ)
3,565ポイント(3,565ポイント)

yama
スポーツ大好きYAMAです。サッカーをはじめ、テニス、格闘技、水泳、体操、卓球、フィギュアスケート、バレーボール等あらゆるスポーツ競技の観戦経験のあるYAMAが、世界中の最新のホットなスポーツニュースを紹介していきます!2020年開催の東京オリンピックや、2022年カタール開催のワールドカップに関する情報なども随時取り上げていきます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です