日本は4つ順位を上げる 最新FIFAランキング発表!

日本代表

日本は50位に順位アップ ベルギーは単独首位に

日本代表国際サッカー連盟(FIFA)は25日、最新のFIFAランキングを発表した。

今月のインターナショナルマッチウィークで世界ランク5位のウルグアイ代表を破った日本代表は、前回の54位から4つ順位を上げて50位。
同じくウルグアイに勝利した韓国は、2つ順位を上げて55位となっている。

アジア最上位は依然として30位のイランで、2番手は42位のオーストラリアとなっており、日本はそれらに続いて3番手の位置につけている。

来年1月開催予定のアジアカップで好成績を収めて、一気にアジアナンバーワンのポジションに返り咲きたいところだ。

さて、ランキング上位に目を向けてみると、前回1位タイだったロシアワールドカップチャンピオンのフランスが2位に後退したことにより、ベルギーが単独首位となっている。

続いて、インターナショナルマッチウィークで宿敵アルゼンチンに勝利したブラジルが3位、ロシアワールドカップ準優勝のクロアチアが4位、UEFAネーションズリーグでそのクロアチアを破ったイングランドが5位と続いている。

尚、韓国、日本とアジア勢に連敗したウルグアイは順位を一つ下げて6位となった。

そんなFIFAランキング上位30か国と、アジア勢のランキングは以下の通り。

1.(1)ベルギー
2.(1)フランス
3.(3)ブラジル
4.(4)クロアチア
5.(6)イングランド
6.(5)ウルグアイ
7.(7)ポルトガル
8.(8)スイス
9.(9)スペイン
10.(10)デンマーク
11.(14)コロンビア
12.(11)アルゼンチン
13.(12)チリ
14.(12)ドイツ
15.(17)オランダ
16.(15)メキシコ
17.(15)スウェーデン
18.(19)ウェールズ
19.(20)イタリア
20.(21)ペルー
21.(18)ポーランド
22.(23)チュニジア
23.(22)アメリカ
24.(24)オーストリア
25.(25)セネガル
26.(27)ルーマニア
27.(29)ウクライナ
28.(26)スロバキア
29.(32)ベネズエラ
30.(33)イラン

42.(43)オーストラリア
50.(54)日本
53.(55)韓国
72.(71)サウジアラビア

yama
スポーツ大好きYAMAです。サッカーをはじめ、テニス、格闘技、水泳、体操、卓球、フィギュアスケート、バレーボール等あらゆるスポーツ競技の観戦経験のあるYAMAが、世界中の最新のホットなスポーツニュースを紹介していきます!2020年開催の東京オリンピックや、2022年カタール開催のワールドカップに関する情報なども随時取り上げていきます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です