最新FIFAランク発表!フランスと同率首位となったのは…?

ロメル・ルカク

ロメル・ルカク現地時間20日、FIFAは最新の世界ランキングを発表した。今月のキリンチャレンジカップでコスタリカ代表を3-0で下した日本代表は、前回の55位から1つ順位を上げて54位となっている。

それでも現時点でアジアランキングではイラン、オーストラリアに次ぐ3位。また今月のインターナショナルマッチウィークで、コスタリカ代表に2-0で勝利し、格上チリ代表相手にスコアレスドローと善戦した韓国は、2つ順位を上げて55位となった。

全体では、UEFAネーションズリーグで改めて強さを示したレッドデビルズことベルギー代表が、前回の2位から1つ順位を上げて、ロシアワールドカップチャンピオンのフランスと並び1位に浮上した。

ネーションズリーグでフランスとドローを演じた元世界王者ドイツは3ランクアップで12位タイ。また、イタリア代表が20位となって上位20か国に復帰した。

その他、ロシアワールドカップでは失意のベスト8に終わったセレソンことブラジル代表はベルギー、フランスに次ぐ3位、続いて4位にはロシアワールドカップ準優勝のクロアチア、5位にはロシアワールドカップでポルトガルを破って8強入りしたウルグアイがランクインしている。

尚、最新のFIFAランキング上位30と、アジア上位5か国の順位は以下の通りとなっている。

1 ベルギー
1 フランス
3 ブラジル
4 クロアチア
5 ウルグアイ
6 イングランド
7 ポルトガル
8 スイス
9 スペイン
10 デンマーク
11 アルゼンチン
12 チリ
12 ドイツ
14 コロンビア
15 スウェーデン
15 メキシコ
17 オランダ
18 ポーランド
19 ウェールズ
20 イタリア
21 ペルー
22 アメリカ
23 チュニジア
24 オーストリア
25 セネガル
26 スロバキア
27 ルーマニア
28 北アイルランド
29 ウクライナ
30 アイルランド

アジアトップ5
32 イラン
43 オーストラリア
54 日本
55 韓国
71 サウジアラビア

yama
スポーツ大好きYAMAです。サッカーをはじめ、テニス、格闘技、水泳、体操、卓球、フィギュアスケート、バレーボール等あらゆるスポーツ競技の観戦経験のあるYAMAが、世界中の最新のホットなスポーツニュースを紹介していきます!2020年開催の東京オリンピックや、2022年カタール開催のワールドカップに関する情報なども随時取り上げていきます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です