錦織がトップ10に迫る!ジョコビッチはとうとう2位まで復帰

錦織

錦織が11位に浮上!

錦織現地時間15日、男子プロテニス協会は最新の世界ランキングを発表した。

前週の「ATP1000 上海」でセミファイナルまで勝ち上がったが、ロジャー・フェデラーの前に4-6、6(4)-7で敗れた錦織圭。1つ順位を上げて11位とトップ10復帰まであと1歩に迫った。

その「ATP1000 上海」決勝戦で、ロジャー・フェデラーを破って勝ち上がったボルナ・チョリッチを退けたノバク・ジョコビッチは、フェデラーを抜きいよいよ2位まで浮上してきた。

また、自身初となるマスターズ1000の決勝進出となったクロアチアの次世代のスターチョリッチも、6つ順位を上げて13位とキャリアハイを記録。

その他、日本人選手はダニエル太郎が69位と3つ順位を上げており、キャリアハイの64位に近づいてきた。西岡良仁は1つ順位を落として96位に後退している。

そんな10月15日付最新ATPランキングトップ20は以下の通り。()内は前回の順位。

1.(1)ラファエル・ナダル(スペイン) 7,660
2.(3)ノバク・ジョコビッチ(セルビア) 7,445
3.(2)ロジャー・フェデラー(スイス) 6,260
4.(4)フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン) 5,860
5.(5)アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ) 5,025
6.(6)マリン・チリッチ(クロアチア) 4,185
7.(7)ドミニク・ティーム(オーストリア) 3,825
8.(8)ケビン・アンダーソン(南アフリカ) 3,775
9.(9)グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア) 3,440
10.(10)ジョン・イズナー(アメリカ) 3,290
11.(12)錦織圭(日本/日清食品) 2,910
12.(11)ダビド・ゴファン(ベルギー) 2,855
13.(19)ボルナ・チョリッチ(クロアチア) 2,415
14.(13)ファビオ・フォニーニ(イタリア) 2,315
15.(14)カイル・エドマンド(イギリス)  2,125
16.(15)ステファノス・チチパス(ギリシャ) 2,007
17.(16)ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン) 1,940
18.(17)ジャック・ソック(アメリカ) 1,850
19.(21)マルコ・チェッキナート(イタリア) 1,838
20.(20)ミロシュ・ラオニッチ(カナダ) 1,810

yama
スポーツ大好きYAMAです。サッカーをはじめ、テニス、格闘技、水泳、体操、卓球、フィギュアスケート、バレーボール等あらゆるスポーツ競技の観戦経験のあるYAMAが、世界中の最新のホットなスポーツニュースを紹介していきます!2020年開催の東京オリンピックや、2022年カタール開催のワールドカップに関する情報なども随時取り上げていきます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です