136ポイント差で首位キープの大坂なおみ クヴィトバが迫る

大坂なおみ

なんとかクヴィトバを抑えた大坂

大坂なおみ現地時間29日、女子テニスのWTA世界ランキングが発表された。

ポルシェ・テニス・グランプリ(ドイツ/シュトゥットガルト、レッドクレー、WTAプレミア)で準々決勝を勝利するも、準決勝は左脇腹の負傷でリタイアを余儀なくされた大坂なおみ。

ポルシェ・テニス・グランプリを制覇したP・クヴィトバ(チェコ)を抑えて、今週も世界ランキング首位をキープしている。

ちなみに、これまで2位だったS・ハレプ(ルーマニア)を抜いて5,645ポイントで2位に浮上したP・クヴィトバ(チェコ)は、大坂なおみの5,967ポイントにあと一歩のところまで迫っている。

そのポイント差はわずかに「136」。
大阪としては、できるだけ長く世界ランキングトップに君臨したいところだが、どこまでキープすることができるだろうか。

シュツットガルトで観衆を沸かせたクヴィトバは、自己最高タイの2位に浮上したことで、チェコ国内では大きなニュースとして取り上げられていることだろう。

さて、そんな4月29日付の女子WTA世界ランキング トップ10は以下の通り!

▽1位[ – ]-大坂なおみ
6,151ポイント(5,967ポイント)

▽2位[ ↑1 ]-P・クヴィトバ
6,015ポイント(5,645ポイント)

▽3位[ ↓1 ]-S・ハレプ
5,682ポイント(5,782ポイント)

▽4位[ ↑1 ]-A・ケルバー(ドイツ)
5,220ポイント(5,220ポイント)

▽5位[ ↓1 ]-Ka・プリスコバ(チェコ)
5,111ポイント(5,580ポイント)

▽6位[ – ]-E・スイトリナ(ウクライナ)
4,921ポイント(5,020ポイント)

▽7位[ – ]-K・ベルテンス(オランダ)
4,765ポイント(4,640ポイント)

▽8位[ – ]-S・スティーブンス(アメリカ)
4,386ポイント(4,386ポイント)

▽9位[ – ]-A・バーティ(オーストラリア)
4,275ポイント(4,275ポイント)

▽10位[ – ]-A・サバレンカ(ベラルーシ)
3,520ポイント(3,520ポイント)

yama
スポーツ大好きYAMAです。サッカーをはじめ、テニス、格闘技、水泳、体操、卓球、フィギュアスケート、バレーボール等あらゆるスポーツ競技の観戦経験のあるYAMAが、世界中の最新のホットなスポーツニュースを紹介していきます!2020年開催の東京オリンピックや、2022年カタール開催のワールドカップに関する情報なども随時取り上げていきます!