2019-20:NBAアワードMVP・DPOYを徹底予想‼

今季のNBAは新型コロナウイルスの影響もあり、例年よりも異なるスケジュールとなっています。

そして、各アワードも、既に消化しているレギュラーシーズンを参考に選出されることが報道されました。

そこでこの記事では、2019-20シーズンのNBAアワードを徹底予想し、スポーツニュースとしてまとめていきます。

MVP(最優秀選手)予想

2019-20シーズンのMVPは、本命を『ヤニス・アデトクンボ』と予想します。

アデトクンボは昨シーズンに初めてMVPを受賞しましたが、今季も57試合で29.6得点、13.7リバウンド、5.8アシストを平均し、素晴らしいシーズンを送っています。

ちなみに、1シーズンに「29-13-5」以上のスタッツを平均するのは、1960年代のウィルト・チェンバレン以来となり、NBA史上3人目の快挙です。

しかも、特筆すべきは1試合当たりの出場時間にあり、わずか「30.9分」という他のスーパースターと比べて大幅に少ない平均出場時間で、これだけのスタッツを出すことに成功しています。

対抗馬には、60試合の出場で25.7得点、10.6アシスト(リーグ1位)、7.9リバウンドをたたき出した『レブロン・ジェームズ』を押したいところですが、総合的にみるとアデトクンボが一歩リードしている印象です。

DPOY(最優秀守備選手)予想

2019-20シーズンのDPOYは、本命を『ヤニス・アデトクンボ』と予想します。

アデトクンボは、オフェンス面のみならずディフェンス面でもバックスを引っ張り、ディフェンシブ・レーティングで「101.6」というリーグダントツの守備力を披露しています。

バックスはディフェンスに長けた選手が多いですが、やはりアウトサイドとインサイドの両方をハイレベルで守ることができるアデトクンボの存在は圧倒的です。

対抗馬には、去年よりも守備のギアを数段上げてきた『カワイ・レナード』を選出したいところですが、ここでもやはりアデトクンボが有利な位置にいる印象です。

ちなみに、これまでキャリアを通じてMVPとDPOYの両方を獲得した選手は、NBA史上でマイケル・ジョーダン、アキーム・オラジュワン、ケビン・ガーネット、デビッド・ロビンソンの4名しかいません。

仮に、今季アデトクンボがMVPとDPOYの両方を獲得した場合、それは四半世紀ぶりに偉業を成し遂げることとなります。

プレイオフも要チェック‼

NBAアワードはあくまでレギュラーシーズンのものであり、プレイオフは選手がギアを上げ、さらにハイレベルな戦いが繰り広げられます。

今季はどのチームが優勝するのか、プレイオフも要チェックです‼

Kite
スポーツとギャンブルをこよなく愛すフリーライター。 NBAを特に愛し、自身も社会人チームでバスケットをプレー中。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です