今現在でもベットできるスポーツとは?

新型コロナウイルスが流行している現在、世界中のスポーツが中断、打ち切りという状態にあります。

スポーツベット好きの方からすれば中々退屈な状況が続いていますが、その中でもベットできるスポーツがあるのをご存じでしょうか?

ここでは、今現在ベットできるスポーツをまとめてみました。

サッカー

〇ベラルーシ・プレミアリーグ

ベラルーシ・プレミアリーグは、ヨーロッパで唯一リーグが中断されていません。そのため、今現在でも各ブックメーカーにてベットを行うことが可能となっています。
また、コロナウイルスの影響で飛沫感染、接触感染などが懸念されていますが、ベラルーシ・プレミアリーグではそのような状況でもハードなプレーで観客を沸かせています。
熱い試合が繰り広げられているため、「普段は5大リーグにしかベットしない」という方にもおすすめです。

〇Kリーグ

韓国のプロサッカーリーグ、Kリーグも5月8日から無観客でのリーグを再開しているため、試合にベットすることができます。
また、Kリーグには元Jリーガーも多くいるため、日本人でもベットしやすいでしょう。

〇ブンデス・リーガ

ドイツのプロサッカーリーグ、ブンデス・リーガもブックメーカーでベットを受け付けるようになりました。
ただし、試合が再開するのは5月16日からとなっているため、その点は注意が必要です。

Eスポーツ

ブックメーカーでは、プロゲーマーやプロスポーツ選手同士がゲームで対決するEスポーツに対してベットすることもできます。

つい先日には、NBA選手である八村選手がドノバン・ミッチェル選手やデビン・ブッカー選手とNBA2Kというゲームで対戦したことで話題となりましたが、実はこちらの試合もベットすることが可能でした。

その名の通り、既に「スポーツ」としての枠組みに入れられているEスポーツ、新しい楽しみを探す意味でも、試しにベットしてみても面白いでしょう。

テニス

テニスも、現在ベットすることが可能となっているスポーツのうちの一つです。

ほとんどは無観客での試合ですが、一流選手同士のエキシビジョンマッチなどにベットすることが可能となっています。

まとめ

限りある状況ですが、このようにスポーツベットができるという点は、嬉しいスポーツニュースではないでしょうか?

また、再開等を発表しているリーグもあるため、今後ベット可能なスポーツも増えていきそうです。

勿論、感染者を増やさないことが一番ですが、以前のように気兼ねなくスポーツベットを楽しめる環境が早期回復することを願いたいことろです。

Kite
スポーツとギャンブルをこよなく愛すフリーライター。 NBAを特に愛し、自身も社会人チームでバスケットをプレー中。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です