新型コロナウイルスによる各国のプロサッカーリーグの再開の目途は?

まだまだ収束の見えない新型コロナウイルス。その影響で中断されている、世界各国のプロサッカーリーグの再開の目途はどれほど立っているのでしょうか?

この記事では、現時点で分かっている各国のプロサッカーリーグの再開の情報、スポーツニュース等をまとめて解説していきます。

リーグ・アン(フランス)

リーグ・アン(フランス・プロリーグ1部)は、2020~21年シーズンとなる来季開幕を8月23日とする方針を決めたことを発表しました。

ただし、当初来期開幕は8月7日を目指しているとのことでしたので、本来よりも開幕時期を遅らせる決断となりました。

また、来季を新たな日程通りに始めるには、今季を7月25日までに終えなければいけないようなので、いずれにしても過密日程となりそうです。

リーガエスパニョーラ(スペイン)

リーガエスパニョーラ(スペイン・プロ一部リーグ)は、少なくとも4月末まで中断期間が長引く見通しとなっています。

ヨーロッパでも新型コロナウイルスが猛威を振るっていますが、スペインでも感染者数は急増、3月14日にはスペイン政府が緊急事態宣言を出し、リーガエスパニョーラも2週間の試合延期を発表する運びとなりました。

一応、現時点では5月2日・3日からの再開がファーストオプション、次の週か、もしくは5月13日・14日の再開がセカンドオプションとして検討されているようです。

プレミアリーグ(イングランド)

プレミアリーグ(イングランド・プロ一部リーグ)は、英政府と6月を目処に再開に向けた話し合いを行なっているようであり、また20クラブからは無観客試合でリーグを再開する計画に既に仮合意を得ているとのこと。

ただし、これには新型コロナが英国でやや鈍化傾向にあることが影響しているため、今後感染が今以上に拡大しないことがリーグの早期再開の絶対条件となりそうです。

Jリーグ(日本)

Jリーグ(日本・プロ一部リーグ)は当初、J3は4月25日開幕、J2は5月2日、J1は同9日の再開を目指していましたが、今月3日に4度目の公式戦延期を決定しました。

国内の新型コロナの感染は収束に向かうどころか拡大傾向にあるため、まだまだ再開の目途は立っていない状況となっています。

再開の見通しは不明瞭

残念ながら、どの国のリーグも明確な再開時期を発表できていないというのが現状です。ただし、放映権などの絡みもあるため、リーグも難しい決断を迫られることでしょう。

コロナウイルスの早期収束、リーグの早期再開を願いたいところです。

新型コロナウイルスの影響によるアジアカップ開催国の入札意向の延長

世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスですが、アジアカップの開催国決定にも影響を与えているようです。

AFCは、アジア各国に対し、2027年アジアカップの開催国の立候補締め切りを「3月31日から6月30日まで」延長することを発表しました。

AFCの思惑とは大きく異なる展開に

本来AFCは、可能な限り早く開催国を決定し発表したかったようです。

AFCは、2019年より16チームから24チームに拡大されたアジアカップの出場国の選出に、より多くの時間をかけたいと思っていました。

しかし、そんな思惑とは裏腹に、現在では2027年のアジアカップ開催地の立候補期間を延長し、決定できないままでいます。

開催国最有力はサウジアラビア?

実は、現時点で2027年アジアカップの開催国に立候補しているのはサウジアラビアしかありません。

よって、本来の期限通りに締め切られていたならば、2027年アジアカップはサウジアラビアで開催されていた可能性が非常に高いです。

ちなみに、サウジアラビアはこれまでに3回の優勝回数を誇っていますが、開催国となったことはありません。

次のアジアカップの開催国は?

次にアジアカップが開催されるのは2023年、中国の10都市で開催されることが決定されています。

ちなみに、アジアカップでの中国の最高成績は準優勝であり、これまでに優勝経験はありません。

アジアカップは開催国が優位?

これまでに20回開催されてきたアジアカップですが、そのうち開催国の優勝回数は7回と非常に多いです。(その中には日本も含まれています)

やはり、ホームで試合を行うことができるというのは、それだけ選手の大きなメリットとなるのでしょう。

そのようなデータがある中で、2027年アジアカップの開催国がサウジアラビアしか立候補していないというのは少々驚きです。

また、直近の2019年大会はUAEで開催され、カタールが初優勝を果たしました。

日本は決勝でカタールに敗れ、 2大会ぶりの優勝を逃す結果となりましたが、実は 大手海外メディアの『Fox Sports Asia』 が発表した グループリーグにおける大会ベストイレブンには、なんと日本人が一人も選出されないという結果に終わっています。

次回大会こそは、海外メディアをあっと言わせるような活躍に期待したいところです。

新型コロナウイルスの影響は拡大

ヨーロッパの主要リーグは軒並み中断、先行きは不透明であり、解決策も見いだせていないままです。

また、感染者が急増している日本のサッカー界にも影響が出ており、つい先日Jリーグの村井満チェアマンは、現在決まっているJリーグの再開時期を「白紙に戻す」と発表しました。

予定されていた日本代表戦(ワールドカップカタール大会のアジア2次予選、ミャンマー、モンゴル戦)も、新型コロナウイルスの感染拡大で延期が決まっています。

収束の目途がつかない新型コロナウイルスは、まだまだサッカー界に影響を与えそうです。

フェルナンド・トーレスが「元同僚ベストイレブン」を発表!

トーレスが「元同僚ベストイレブン」を発表

2019年、Jリーグサガン鳥栖で現役引退した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、20日で36歳の誕生日を迎えた。

そうした中、かつて在籍していたリバプールの公式サイトでインタビューに応え、過去のチームメイトによる「究極のベストイレブン」を公表した。

アトレティコ・マドリードでプロキャリアをスタートさせたフェルナンド・トーレスは、類稀なゴール嗅覚からエル・ニーニョ(神の子)と称された。

その後、リヴァプール、スペイン代表で得点を量産して世界的スターへと上り詰めると、チェルシー、ミラン、そして古巣のアトレティコ・マドリードを経て、最後はサガン鳥栖で現役を終えた。

さて、そんなフェルナンド・トーレスがクラブ、代表で過去に共闘したメンバーで形成されたベストイレブンの顔ぶれを見てみよう。

ベストイレブンには、アンドレス・イニエスタ(元スペイン代表/ヴィッセル神戸)やダビド・ビジャ(元スペイン代表/引退)といったJリーグ経験者をはじめ、リヴァプールで主将を務めたスティーブン・ジェラード(元イングランド代表/引退)や、アトレティコ・マドリードの守護神ヤン・オブラク(スロベニア代表)等が名を連ねた。スポーツニュースまとめ

さて、そんなフェルナンド・トーレス選出の「究極のベストイレブン」一覧は以下の通り!

GK
ヤン・オブラク(スロベニア代表/アトレティコ・マドリード)

DF
ディエゴ・ゴディン(ウルグアイ代表/インテル)
カルレス・プジョル(元スペイン代表/引退)
ジョン・テリー(元イングランド代表/引退)

MF
ハビエル・マスチェラーノ(元アルゼンチン代表/エストゥディアンテス)
シャビ・アロンソ(元スペイン代表/引退)
シャビ・エルナンデス(元スペイン代表/引退)
スティーブン・ジェラード(元イングランド代表/引退)

FW
アンドレス・イニエスタ(元スペイン代表/ヴィッセル神戸)
ダビド・ビジャ(元スペイン代表/引退)
フェルナンド・トーレス(元スペイン代表/引退)

錦織圭、大阪なおみの順位は…?【テニス最新世界ランキング発表】

欠場続く錦織は31位をキープ

現地時間2日、男子テニスATP世界ランキングが更新された。

長らく戦列から離れている錦織圭は、前回と変わらず31位。

リオ・オープン(ブラジル/リオデジャネイロ、レッドクレー、ATP500)で8強へと勝ち進んだD・ティーム(オーストリア)が7,045ポイントで自身最高順位となる3位へ浮上した。

一方欠場が続くロジャー・フェデラーは6,630ポイントに下がり4位へと後退。

また、首位はノバク・ジョコビッチで10,220ポイント、2位はラファエル・ナダルで9,850ポイントと変動はなかった。

ちなみに、WTA世界ランキングでは大坂なおみが前回と変わらず10位をキープしている。

前週のアビエルト・メキシコ・テルセル(メキシコ/アカプルコ、ハード、WTAインターナショナル)で今シーズン初優勝したH・ワトソン(イギリス)が20ランクアップで49位とし、自己ベストを更新している。スポーツニュースまとめ

3月2日付のATP世界ランキングトップ10は以下の通り!

▷1位[ – ]–N・ジョコビッチ(セルビア)
10,220ポイント(9,720ポイント)

▷2位[ – ]–R・ナダル(スペイン)
9,850ポイント(9,395ポイント)

▷3位[ ↑1 ]–D・ティーム
7,045ポイント(7,045ポイント)

▷4位[ ↓1 ]–R・フェデラー
6,630ポイント(7,130ポイント)

▷5位[ – ]–D・メドヴェデフ(ロシア)
5,890ポイント(5,890ポイント)

▷6位[ – ]–S・チチパス(ギリシャ)
4,745ポイント(4,745ポイント)

▷7位[ – ]–A・ズベレフ(ドイツ)
3,630ポイント(3,885ポイント)

▷8位[ – ]–M・ベレッティーニ(イタリア)
2,860ポイント(2,860ポイント)

▷9位[ – ]–G・モンフィス(フランス)
2,860ポイント(2,860ポイント)

▷10位[ – ]–D・ゴファン(ベルギー)
2,555ポイント(2,555ポイント)

ニューヨークOPも欠場の錦織 前回から一つ順位を上げ25位へ浮上

ニューヨーク・オープンも欠場の錦織

現地時間10日、男子テニスATP世界ランキングが更新された。

先月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)などビッグコンペティションを多数欠場した錦織圭。

前回から1つ上げて25位へ浮上した。先週、2018年8月以来 約1年半ぶりの20位台に転落したが、今週開催のニューヨーク・オープン(アメリカ/ニューヨーク、室内ハード、ATP250)もエントリーしていない状況だ。

試合をしていない時期のATP世界ランキングの大幅変動は止むを得ないところではあるが、錦織としては万全の状態でコートに帰還し、再びトップ10に返り咲きたいところだろう。

ちなみに、男子テニスATP世界ランキング首位は全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)を制覇したN・ジョコビッチ(セルビア)が9,720ポイントで首位をキープしている。スポーツニュースまとめ

2位にはR・ナダル(スペイン)が9,395ポイント、3位にはR・フェデラー(スイス)が7,130ポイントと続く。

さて、そんな注目の2月10日付のATP世界ランキングは以下の通り!()内は前回のポイント数。

▷1位[ – ]–N・ジョコビッチ(セルビア)
9,720ポイント(9,720ポイント)

▷2位[ – ]–R・ナダル(スペイン)
9,395ポイント(9,395ポイント)

▷3位[ – ]–R・フェデラー(スイス)
7,130ポイント(7,130ポイント)

▷4位[ – ]–D・ティーム(オーストリア)
7,045ポイント(7,045ポイント)

▷5位[ – ]–D・メドヴェデフ(ロシア)
5,890ポイント(5,960ポイント)

▷6位[ – ]–S・チチパス(ギリシャ)
4,745ポイント(4,745ポイント)

▷7位[ – ]–A・ズベレフ(ドイツ)
3,885ポイント(3,885ポイント)

▷8位[ – ]–M・ベレッティーニ(イタリア)
2,860ポイント(2,905ポイント)

▷9位[ – ]–G・モンフィス(フランス)
2,860ポイント(2,700ポイント)

▷10位[ – ]–D・ゴファン(ベルギー)
2,600ポイント(2,555ポイント)

2年連続全豪OP制覇のジョコビッチが首位奪還 錦織は20位台へ後退

錦織圭は約1年半ぶりに20位台へ

現地時間3日、男子テニスは最新ATP世界ランキングを発表した。

全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)を欠場した錦織圭は前回から8つ下げて26位へ後退。

2018年8月以来、約1年半ぶりに20位台へ順位を落とした。

この報道後、一部ファンの間では「準優勝した際の全米オープンがグランドスラム制覇のラストチャンスだった」といった声も囁かれている。故障を治してコートに復帰する姿が見たい。

全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で2年連続8度目のチャンピオンとなったN・ジョコビッチ(セルビア)は9,720ポイントとし、9,395ポイントのR・ナダル(スペイン)をかわして首位に返り咲いた。

3位はR・フェデラー(スイス)で7,130ポイント、4位はD・ティーム(オーストリア)で7,045ポイントと続いている。

さて、そんな2月3日付のATP世界ランキングは以下の通り!スポーツニュースまとめ

▷1位[ ↑1 ]–N・ジョコビッチ
9,720ポイント(9,720ポイント)

▷2位[ ↓2 ]–R・ナダル(スペイン)
9,395ポイント(10,235ポイント)

▷3位[ – ]–R・フェデラー(スイス)
7,130ポイント(6,590ポイント)

▷4位[ ↑1 ]–D・ティーム(オーストリア)
7,045ポイント(5,890ポイント)

▷5位[ ↓1 ]–D・メドヴェデフ(ロシア)
5,960ポイント(5,960ポイント)

▷6位[ – ]–S・チチパス(ギリシャ)
4,745ポイント(5,375ポイント)

▷7位[ – ]–A・ズベレフ(ドイツ)
3,885ポイント(3,345ポイント)

▷8位[ – ]–M・ベレッティーニ(イタリア)
2,905ポイント(2,870ポイント)

▷9位[ ↑1 ]–G・モンフィス(フランス)
2,700ポイント(2,565ポイント)

▷10位[ ↑1 ]–D・ゴファン(ベルギー)
2,555ポイント(2,555ポイント)

全豪OP開催中の男子テニス ATP世界ランキング更新!錦織の順位は?

アデレード国際優勝のルブレフが錦織を抜く

現地時間20日、男子テニスATP世界ランキングが更新された。

全豪オープンを欠場している錦織圭は、前回からまた1つ順位を下げて18位へ後退した。

一方で、前週のアデレード国際(オーストラリア/アデレード、ハード、 ATP250)で16年ぶりの開幕2連勝を挙げたA・ルブレフ(ロシア)が2ランクアップし、錦織圭をかわして16位へと浮上。

今回の大きな変動は、ASBクラシック(ニュージーランド/オークランド、ハード、ATP250)で優勝したU・アンベール(フランス)。

アンベールは、順位を14上げて43位へジャンプアップ。自身最高位となった。

一方で、今回はトップ10の変動はなし。
首位は10,235ポイントでラファエル・ナダル、2位は9,720ポイントでノバク・ジョコビッチ、3位は6,590ポイントでロジャー・フェデラーと続いた。スポーツニュースまとめ

さて、そんな1月20日付のATP世界ランキングは以下の通り!※()内は前回のポイント

▷1位[ – ]–R・ナダル(スペイン)
10,235ポイント(10,235ポイント)

▷2位[ – ]–N・ジョコビッチ(セルビア)
9,720ポイント(9,720ポイント)

▷3位[ – ]–R・フェデラー(スイス)
6,590ポイント(6,590ポイント)

▷4位[ – ]–D・メドヴェデフ(ロシア)
5,960ポイント(5,960ポイント)

▷5位[ – ]–D・ティーム(オーストリア)
5,890ポイント(5,890ポイント)

▷6位[ – ]–S・チチパス(ギリシャ)
5,375ポイント(5,375ポイント)

▷7位[ – ]–A・ズベレフ(ドイツ)
3,345ポイント(3,345ポイント)

▷8位[ – ]–M・ベレッティーニ(イタリア)
2,870ポイント(2,870ポイント)

▷9位[ – ]–R・バウティスタ=アグ(スペイン)
2,630ポイント(2,640ポイント)

▷10位[ – ]–G・モンフィス(フランス)
2,565ポイント(2,565ポイント)

全豪欠場の錦織は16位へ後退【最新ATP世界ランキング発表】

全豪欠場の錦織は16位へ後退

現地時間6日、男子テニスATP世界ランキングが更新された。

1月のATPカップ(オーストラリア/パース、ブリスベン、シドニー)および、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)を欠場する錦織圭。

前回の13位から3つ下げて16位へ後退した。

上位陣では、G・モンフィス(フランス)が前回から1つ上げて9位へランクアップ。代わってR・バウティスタ=アグ(スペイン)が10位へランクダウンした。

首位は依然として9,985ポイントを保有する、R・ナダル(スペイン)。2位に9,055ポイントでN・ジョコビッチ(セルビア)、3位に6,590ポイントでR・フェデラー(スイス)と続いた。

スポーツニュースまとめ

そんな男子テニスATP世界ランキングトップ10は以下の通り!

▷1位[ – ]–R・ナダル(スペイン)
9,985ポイント(9,985ポイント)

▷2位[ – ]–N・ジョコビッチ(セルビア)
9,055ポイント(9,145ポイント)

▷3位[ – ]–R・フェデラー(スイス)
6,590ポイント(6,590ポイント)

▷4位[ – ]–D・ティーム(オーストリア)
5,825ポイント(5,825ポイント)

▷5位[ – ]–D・メドヴェデフ(ロシア)
5,705ポイント(5,705ポイント)

▷6位[ – ]–S・チチパス(ギリシャ)
5,300ポイント(5,300ポイント)

▷7位[ – ]–A・ズベレフ(ドイツ)
3,345ポイント(3,345ポイント)

▷8位[ – ]–M・ベレッティーニ(イタリア)
2,870ポイント(2,870ポイント)

▷9位[ ↑1 ]–G・モンフィス
2,530ポイント(2,530ポイント)

▷10位[ ↓1 ]–R・バウティスタ=アグ(スペイン)
2,335ポイント(2,540ポイント)

半年間で市場価値30倍の久保建英 リヴァプール移籍の南野も高騰!

久保建英は日本人2位までランクアップ

現地時間20日、ドイツメディア『transfermarkt.de』はヨーロッパでプレーする全フットボーラーたちの市場価値を更新した。

ここ数日間にわたって、セリエA、ブンデスリーガ、エールディビジ、ラ・リーガサンタンデールといったヨーロッパ主要リーグでプレーする選手たちの評価額を更新したtransfermarkt.de。

今回は、日本人選手の現時点の市場価値にスポットを当ててみよう。

まず、レアル・マドリードからマジョルカSADにレンタル中の久保建英の市場価格が跳ね上がった。

今年6月末に50万ユーロから200万ユーロと評価額が上げられた18歳だが、9月の更新時には1000万ユーロとなんと5倍に。

さらには、今回の更新で1500万ユーロ(約18億2000万円)にまで跳ね上がり、日本人全体で2位の位置まで上昇している。

1位は、前回から変わらずポルトの中島翔哉で2500万ユーロ、約30億3000万円。

久保建英に続いて3位に入ったのは、先日ザルツブルクからリヴァプールへの移籍が決定した南野拓実で1250万ユーロ、約15億1000万円となった。

アジアカップ ベストイレブン

さて、そんな現時点の『transfermarkt』での日本人選手の市場価値トップ10は以下の通り!

1位 中島翔哉(ポルト:2500万ユーロ、約30億3000万円)
2位 久保建英(マジョルカ:1500万ユーロ、約18億2000万円)
3位 南野拓実(ザルツブルク→リヴァプール:1250万ユーロ、約15億1000万円)
4位 冨安健洋(ボローニャ:1000万ユーロ、約12億1000万円)
4位 鎌田大地(フランクフルト:1000万ユーロ、約12億1000万円)
6位 堂安律(PSV:800万ユーロ、約9億7000万円)
6位 酒井宏樹(マルセイユ:800万ユーロ、約9億7000万円)
8位 武藤嘉紀(ニューカッスル:700万ユーロ、約8億5000万円)
9位 大迫勇也(ブレーメン:600万ユーロ、約7億3000万円)
10位 吉田麻也(サウサンプトン:500万ユーロ、約6億1000万円)

今季世界ランク首位を独走した大坂が3位に輝く!

テニス界から大坂、錦織がトップ20入り

9日、株式会社エム・データは「2019年 TVニュースランキング(総合、時事、スポーツ、文化・芸能)」を発表。

スポーツ部門では、女子テニスの大坂なおみが3位にランクインした。

同ランキングは、月曜日から土曜日の毎朝10時までに放送しているニュース/ワイドショー番組でのニュースランキング「日刊TVニュース速報」から集計されたもの。

大坂なおみは、今季全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)でグランドスラム二度目の優勝を果たし、WTW世界ランキングでも1位に輝いた。

スポーツニュースまとめ

その後は不調に見舞われるも、東レ パン・パシフィック・オープン(日本/大阪、ハード、WTAプレミア)とチャイナ・オープン(中国/北京、ハード、WTAプレミア・マンダトリー)で二大会連続チャンピオンに。

なお、同ランキング1位は2020年に開催される東京五輪&パラリンピックに関するニュースだった。

そんな2019年 TVニュースランキング(スポーツ)トップ20は以下の通り!

1位-2020年東京五輪&パラリンピック 58時間03分09秒

2位-ラグビーW杯日本大会 日本が初のベスト8 54時間58分07秒

3位-女子テニス 大坂なおみ 34時間12分07秒

4位-サッカー日本代表 20時16分11秒

5位-渋野日向子、全英女子オープン優勝 17時間50分18秒

6位-MLB マリナーズ イチロー引退 15時間04分14秒

7位-池江璃花子、白血病を公表 13時間01分27秒

8位-NBA ウィザーズ 八村塁 12時間05分03秒

9位-横綱 稀勢の里、現役引退 11時間48分30秒

10位-夏の甲子園 履正社が初優勝 11時間23分57秒

11位-世界陸上ドーハ大会、日本勢は競歩で2冠 10時間44分18秒

12位-MLB エンゼルス 大谷翔平 10時間02分31秒

13位-男子テニス 錦織圭 9時間19分45秒

14位-侍ジャパン プレミア12で10年ぶり優勝 9時間07分55秒

15位-世界フィギュア 日本勢は頂点届かず 8時間16分36秒

16位-テコンドー騒動、選手との対立で理事総辞職 8時間02分07秒

17位-女子レスリング 吉田沙保里、現役引退 7時間26分19秒

18位-陸上 サニブラウン、9秒97の日本新記録達成 7時間14分03秒

19位-MGC初開催、五輪マラソン代表4人内定 6時間07分25秒

20位-世界水泳、日本選手の五輪内定続々決まる 5時間52分32秒