ウィンブルドン第8シードの錦織は7位キープ【最新ATPランク】

ウィンブルドン第8シードの錦織は7位

現地時間1日、男子テニスのATPは最新の世界ランキングを公表した。

今日開幕するウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)に第8シードでエントリーしている錦織圭は、前回と変わらず7位となった。

そんな錦織は、ウィンブルドン初戦で世界ランク113位のT・モンテイロ(ブラジル)と相まみえる。

また、T・フリッツ(アメリカ)がネイチャー・バレー国際(イギリス/イーストボーン、芝、ATP250)を制したことで前回から11上げて31位へジャンプアップ。

その他、ーキッシュ・エアラインズ・オープン・アンタルヤ(トルコ/アンタルヤ、芝、ATP250)で優勝したL・ソネゴ(イタリア)は29ランクアップし、46位まで上昇した。

首位は依然としてノバク・ジョコビッチ(セルビア)がキープしている。

そんな7月1日付の男子ATP世界ランキング トップ10は以下の通り!

▽1位[ – ]-N・ジョコビッチ(セルビア)
12,415ポイント(12,415ポイント)

▽2位[ – ]-R・ナダル(スペイン)
7,945ポイント(7,945ポイント)

▽3位[ – ]-R・フェデラー(スイス)
6,620ポイント(6,620ポイント)

▽4位[ – ]-D・ティーム(オーストリア)
4,595ポイント(4,595ポイント)

▽5位[ – ]-A・ズベレフ(ドイツ)
4,405ポイント(4,405ポイント)

▽6位[ – ]-S・チチパス(ギリシャ)
4,215ポイント(4,215ポイント)

▽7位[ – ]-錦織圭
4,040ポイント(4,040ポイント)

▽8位[ – ]-K・アンダーソン(南アフリカ)
3,610ポイント(3,610ポイント)

▽9位[ – ]-K・ハチャノフ(ロシア)
2,980ポイント(2,980ポイント)

▽10位[ – ]-F・フォニーニ(イタリア)
2,785ポイント(2,785ポイント)

大阪が5ヶ月ぶりに首位陥落!勢いに乗るバーティ

現地時間24日、最新のWTA世界ランキングが更新された。

年明けに全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)を制して以来、世界ランク首位を維持してきた大坂なおみ。

これまで2位だったA・バーティ(オーストラリア)が、5月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)、前週のネイチャー・バレー・クラシック(イギリス/バーミンガム、芝、WTAプレミア)を立て続けに制覇したことで、両者の順位が入れ替わった。

これにより、大阪は約5カ月ぶりに首位の座を明け渡す恰好となり、一方のA・バーティは1976年のE・グーラゴン=コーリー以来43年ぶり史上2人目のオーストラリア人の世界ランク首位選手になった。

尚、3位には依然Ka・プリスコバ(チェコ)、4位にはK・ベルテンス(オランダ)がランクインしている。

そんな注目の女子WTA世界ランキング トップ10は以下の通り!

▼1位[ ↑1 ]-A・バーティ
6,540ポイント(6,125ポイント)

▼2位[ ↓1 ]-大坂なおみ
6,377ポイント(6,377ポイント)

▼3位[ – ]-Ka・プリスコバ(チェコ)
5,685ポイント(5,685ポイント)

▼4位[ – ]-K・ベルテンス(オランダ)
5,425ポイント(5,425ポイント)

▼5位[ ↑1 ]-A・ケルバー(ドイツ)
4,685ポイント(4,675ポイント)

▼6位[ ↓1 ]-P・クヴィトバ(チェコ)
4,555ポイント(4,925ポイント)

▼7位[ ↑1 ]-S・ハレプ(ルーマニア)
3,963ポイント(3,963ポイント)

▼8位[ ↓1 ]-E・スイトリナ(ウクライナ)
3,868ポイント(3,967ポイント)

▼9位[ – ]-S・スティーブンス(アメリカ)
3,682ポイント(3,682ポイント)

▼10位[ – ]-A・サバレンカ(ベラルーシ)
3,565ポイント(3,565ポイント)